RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atmos Back Office!

Atmos Diningの舞台裏(日常?)を不定期で更新中。
ザ・リッツ・カールトン東京 キャレカライブ 
0
    こんにちは!!農村部のひかるです!

    昨日は、東京にお住まいのダイエット友達(お顔をまだ拝見したことがないのです)から、小包が届きました。

    その中で、ひときわ目をひいた素敵なパッケージのチョコレートがこちら♪

    リッツカールトンのチョコレート

    ザ・リッツカールトン・チョコレートブティックのキャレカライブ 6枚入り

    とてもお気に入りだから食べてみて!とお手紙つきでした。

    とにかく入れ物が、指輪でも入っているような素敵な宝石箱風の入れ物で、なんだかうっとりしてしまいましたよ。

    中身はビターな高級チョコレートで、チョコがわりあい苦手な私でも食べやすい、小さな薄い1枚包装。

    毎日1枚ずつ、大事に食べようと思います♪

    あんずさんありがとう〜!!


    | ライターhikaruのひとりごと。 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ぶたのしっぽで会食
    0
      こんにちは!夜に天神で集まりがあると終電の時間が気になってなかなか飲めない農村部のひかるです!

      珍しく夜の会食に参加することがありました。

      普段はなるべく夜は家で食べようと思っているので、誘われてもほとんど断って、仕事の会食でもなるべくお昼にしてもらうようにしているので、こういう機会は滅多にありません。(飲食店で働いているのにこんなんでいいのか?というお叱りの声も??)

      今日は、社長の後輩の古川オーナーの店、薬院にある「ぶたのしっぽ」に行ってきました。

      豚の絵が

      ↑ぶたの絵が・・・

      今日は人を紹介していただけるということで4名の集まりでした。

      今、レコーディングダイエットというのをしていて、毎日食べたものを記録しています。

      こういう外で食べたものは非常に忘れやすいので(自分で注文してないのはうっかり忘れます)

      写真に撮って記録。

      ベーコン
      ↑厚切りベーコン

      キュウリキムチ
      ↑キュウリのキムチあえ

      オーガニック
      ↑オーガニックサラダ味噌添え

      味噌ディップに豆腐が混ざってておもしろい味でした。

      ただ単に野菜を食べたくなるんですね〜みなさん!
      こんな普通の生の野菜。。。って思ったけどみなさんおいしそうにポリポリ食べていました。

      私はいつも食べているので感動は少ない(笑)でも都会のみなさんの感動は大きい♪



      謎の物体
      ↑謎の物体登場!

      珍味
      干物というのはわかる。

      見た目グロテスクだけど、おいしかったです。
      日本酒に合いそう♪

      私たちは、伊佐錦のボトルを水割りで飲んでましたが・・・


      串
      ↑串数種を4本ずつ

      ギョーザ
      ↑一口餃子

      豚足からあげ
      ↑豚足の唐揚げ

      古川氏
      ↑イケメンオーナーの古川氏。

      これだけ食べて飲んで、19時半から始まった会食があっという間に終電間近。

      私だけ早めに退散してきました。

      明日は料理コンテストで、50品〜60品の試作品を食べる審査員の仕事が入っているので、今日の会食はなかなかつらいものもありました(笑)

      明日はフードファイターなみにがんばって食べて審査するぞ!


      農村部 ヒカル
      | ライターhikaruのひとりごと。 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      今年最後の牡蠣ハウス、食べおさめの会
      0
        こんにちは〜
        農村部のヒカルです。

        この冬の木曜日のイベントと化していた、仕事の合間を縫っての、いとしまの牡蠣ハウスランチ。
        毎回、頃合を見計らって隙あらば私を外に連れ出そうと誘ってくるご近所のtakakoさん(画像右)は、先日の「木と暮らし展」に行って以来、私たちの前原の親分原デザイン室のハララ先輩(画像左御歳50代後半)のファンになってしまった様子。
        ご夫婦揃って「原さんを紹介してください!」と強く言われておりました。

        原さんとtakakoさん

        (↑takakoさんの行動を見張るハララ先輩の図)
        そこで、なんとかハララ先輩に頼み込み、takakoさんにはまったく内緒で、牡蠣ハウスにハララ先輩をお連れしてきました〜!!

        サプライズゲストの登場にtakakoさんは小躍りして喜び下働きをかって出てくれたのでした♪

        パンを切るtakakoさん

        ↑持ち込んだフランスパンを切るtakakoさん。

        私たちは、先日から持ち込み可能の牡蠣ハウスを探してフランスパンとオリーブオイルで一緒に食べる牡蠣にすっかり目覚めてしまったので、今回もそのスタイル。

        一所懸命パンを切るtakakoさんに「牡蠣小屋でフランスパンを切る人は初めて見たな。その椅子ももってきたの?」とすっかりまな板専用椅子と化しているパイプ椅子を見つけて椅子に突っ込みを入れるハララ先輩は流石家具のデザイナーです(笑)。

        ちなみにもちろん椅子は牡蠣小屋のものです。


        takakoさんの働きぶりは見事なもので、私たち全員分の牡蠣の焼き具合チェック、殻開け、フランスパン切り、持ち込みのノンアルコールビールをクーラーボックスから出してくれる等々、
        専用シェフのようにあれこれ働いてくれました♪
        私は牡蠣の殻開けとか焼き具合チェックとか苦手なので、毎回takakoさんにまかせっきりで助かっています。
        ハララ先輩は牡蠣上級者なので、takakoさんの行動の一部始終をするどくチェック(笑)。
        簡単に外せる牡蠣の殻開けなど指導してくれました♪(さすが技術指導員ハララ先輩♪)

        ドンドン食べる

        焼いては食べ、ひたすら食べ、フランスパンも頬張り。。。といつもの調子で食べていたら、
        私たちの食べっぷりにハララ先輩はちょっと興ざめ?引き気味だったのはなんとなくわかりました(笑)。

        「しかしよく食べるなあ」と3回くらいつぶやいてありました。

        おかわり〜おかわり〜で、結局5キロ。
        本当は持ち帰り用の牡蠣もここで焼いて瓶詰めにして持って帰りたい計画もあったのだけれど、
        すでに3キロ時点で、お客様はだんだんいなくなり、なんとなく店じまいモード?

        そういえば牡蠣ももうシーズン最後で、行きたかった岡崎はすでに牡蠣終了で閉店。

        その他の牡蠣ハウスも今度の土日で最後にしたいっていうんで、閉店。なんとか見つけた1軒だけ開いてた牡蠣ハウスの牡蠣の在庫もあやしくなってきた???
        takakoさんと牡蠣焼きに行くののもうひとつの楽しみは、うちで作った保存食のおすそ分け(笑)。

        おすそ分け

        ↑エプロンはお店に用意してあるものが借りれます

        うちで瓶詰めした保存食はたくさんできるわりに彼が食べずにちょっともてあまし気味。
        保存食は酸味がきいているのが多いから、男性は酸っぱいの苦手な人が多いようであまり食べてくれないのです。
        でもtakakoさんなら、興味をもって食べてくれるのでおすそ分けできる!!

        今回は、青いトマトのピクルスを2種と、自家製のラッキョウを持っていって、ハララ先輩とtakakoさんのお皿に提供!

        最後の牡蠣。。。来年まで

        ↑いとしまの牡蠣は身が大きくて食べごたえがありますが、おそらく、もう今週末で終了!

        これから春夏は何を楽しみにして生きていけばいいのだ?と思って焦っている雰囲気のtakakoさんは、今後の隙あらば誘い出し作戦をきっと練っていることでしょう。

        お忙しい中、お付き合いしてくださったハララ先輩!ありがとうございました。
        これに懲りず、ぜひまたご一緒いただければ幸いでございます。(どんびきしないで〜)

        牡蠣フィナーレにふさわしい、満足の一日でした。
        takakoさん、いつも牡蠣むいてもらってばっかりでごめんなさい〜。ありがとうございます〜!
        次はグランパ?(いとしまのお店です)

        農村部 ヒカル


        | ライターhikaruのひとりごと。 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        今年3回目の糸島岐志漁港の牡蠣ハウス
        0
          こんにちは!農村部のひかるです。
          うちは住んでるところがいとしまなので、牡蠣小屋が近いっす!
          今日は今年3回目の牡蠣焼きに行ってきました。

          近所の牡蠣小屋です。

          最初の1回は、船越漁港の牡蠣ハウス「みわちゃん」で。

          二回目は、岐志漁港の「徳永丸」。

          徳永丸は持ち込みもできて気に入ったので、今回もそこで友人と待ち合わせすると、残念ながら定休日!

          近くにある「カキ岡崎」に行きました。

          牡蠣焼き中

          今日もご近所のお友達takakoさんと、自宅での仕事の合間をぬって(!)13時から15時半までの牡蠣喰いタイムの始まり始まり〜!

          madakana
          まだかな??

          takakoさんは、牡蠣大好きだけあって、牡蠣の殻を開くのがものすごく上手!
          完全にtakakoさんに任せて、ひたすら食べました♪

          takakoさんが持ってきてくれていたオリーブオイルを焼いた牡蠣にたらして食べると、めちゃめちゃおいしい!!!!!!
          レモンとかポン酢とか醤油とか目じゃなかったです。

          追加、追加で、2人で3kg分完食です。

          完食!&残骸

          時間があって、アルコールがあれば、あと2kgはいけたよね〜

          牡蠣の季節もあと少しだけど、あと1回くらいはいけるかな?

          3月のはじめくらいにまた行きましょう。
          また自宅で仕事の合間にお願いします♪


          hikaru
          | ライターhikaruのひとりごと。 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          昭和ランチの岡崎さんとランチに行ってきました。
          0
            数年前、フランチャイズの辛辛西新店がオープンするとき、
            オープンまでの間一緒にがんばった「昭和ランチ」の岡崎さんと中華のランチに行ってきました。

            岡崎さん(女性)は、私と年もひとつしか違わないので、仲良くしましょう、といいつつお互いなんだか忙しくってランチをしようランチをしようといいつつ早2年。。。。。。

            今年こそは実現させよう!と新年のごあいさつでアトモスの事務所にいらっしゃった時に、手帳を突き合わせて、この日と決めて、やっと実現したランチ会なのでした(笑)。

            今日は中華の気分だったので、「福新楼」に行ってきましたよ食事

            12時10分に待ち合わせをして出かけた福新楼は、すでに満席でちょっと待ちましたが、ゆったりとしたテーブルに通してもらって優雅な気分ラブ

            お昼のランチコースを注文しました。

            前菜
            綺麗な盛り付けで嬉しい前菜。

            サラダ
            サラダはゴマドレッシングにパリパリしたトルティーヤみたいなのが入っているのが中華風。

            ふかひれスープ
            贅沢にもふかひれスープまでついています!

            エビチリ
            海老チリと豚肉を頼んでシェアして食べました。

            豚肉ガーリック

            雲南省のコーヒー
            雲南省でコーヒーを栽培できるなんて初耳だったので、思わず注文。
            お茶みたいな不思議なコーヒーでしたよホットコーヒー

            これにご飯とザーサイとか肉味噌がついていました。
            量はちょうどよかったです。

            2年分の近況を報告しあって、そろそろお互い30代後半だし(アラフォーですね)がんばろうね!(何をがんばるのだ?!)といって話は尽きないけど、お昼の閉店の時間になってしまったので、お店をあとにしました。

            事務所には「出かけてきます、14時には戻ります ヒカル」と書置きを残して、出かけておりましたが、戻ってくるとBossが、「ご飯食べに行っとったやろう?(ニヤリ)」とお見通しでした拍手
            きっとよっぽど満足げに帰ってきたのでしょうね〜。

            たまにはこうやって社外の関係の方とランチをするのもいいですね。
            お互いちょっと息抜きになりました。


            ヒカルよつばのクローバー

            | ライターhikaruのひとりごと。 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            朝の習慣[フレッシュオレンジジュース]
            0
              オレンジ

              ただいま柑橘系の季節まっさかり。
              ありがたいことに福岡、それもいとしまでは柑橘の農家さんが多いようで、市場にいけば新鮮なオレンジが袋にたくさん入ってとても安い値段で売っています。

              今までは当たり前すぎてそんなに目を向けていなかった柑橘類ですが、お正月に青森県から里帰りしていた友人の話をきいてちょっと認識をあらたにしました。

              青森県ではりんごは安いけど、みかんは高いんだそうです。
              考えてみれば当たり前の話ではありますが、段ボールでみかんを送ってもらうとなると送料のほうが高くつくんだそうで、滅多にみかんを食べられないとつぶやいていたその様子がなんだか印象に残っています。

              そう考えれば、フルーツを食べるときでもやっぱり地元にたくさんあるものを食べた方が、地元の農家さんを支えることになるのかもしれないし、何より輸送コストがかからないってことはいいことだ、なんて思った折、頂き物の「はるか」や「スイートスプリング」というオレンジが剥いて食べるには食べにくく、絞ってジュースにしたらびっくりするほど美味しかったことに触発されて、それ以降は好んで市場に柑橘類を買いに行くことになってしまうほど好きになってしまいました。

              グラス1杯分のジュースを採るのに、使用する柑橘は大きさにもよるけど大体3個くらい。色々試した結果、価格的にも味としてもおいしい普段の私なりの組み合わせは小さめのみかん「あまくさ」2個に大きめの「きよみ」1個のブレンドです。
              つまり最近の市場の状況としては、「あまくさ」と「きよみ」が多く出回っていて買いやすいということかしれません。

              柑橘を探すようになって気がついたことは、普通の「温州みかん」の出荷が少ないなあということ。色々な品種改良が進んで珍しい種類がやや高価な価格で売っています。温州みかんがもてはやされたときは、みなさんこぞってみかん農家に転身されて温州みかんを作る方が増えすぎると値崩れして、違うものに移る方が増えすぎると、温州みかんの量自体が減ってしまって
              うーん
              普段の何気ない私達の買い物の仕方と、作る方たちの先見性や計画性で、いろんなことが簡単に変っていってしまう世の中のしくみのようなものを感じて思わず考えさせられてしまいます。

              オレンジを絞った後は、柑橘系の皮から出てくるエッセンシャルオイルのおかげでいい香りがキッチン一面に漂います。
              私はこの香りが好きで(アロマテラピー的にいえば、ウキウキと楽しい気分になる効果があるそうですよ)朝のシャワーのときにもお風呂の床にスウィートオレンジのエッセンシャルオイルを3滴くらい垂らして湯気の中にオレンジの香りがするようにしています。
              毎日のちょっとしたことですが、私はこの習慣を気に入っております。

              ヒカルよつばのクローバー
              | ライターhikaruのひとりごと。 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              3月のカモミール
              0
                カモミール

                毎年、こぼれダネから、適当にいたるところから生えて出てくるカモミール。今年も花を咲かせています。

                フィボナッチ数

                種になる黄色い部分を見ているとふとそんな言葉がよぎってひとり興味深い世界に入り込んでしまっています。考えたってわかるわけないのにねー。



                ヒカルよつばのクローバー
                | ライターhikaruのひとりごと。 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                春のななほしてんとうむし
                0
                  てんとうむし


                  ボリジの葉っぱの上でひなたぼっこ(?)中のななほしてんとうむしくん。
                  光を集めてびっくりするほどツヤツヤな飴色です。

                  お天気がよくなるとななほしてんとうむしくん達を多く発見します。
                  農薬をしていないと私たちにとって歓迎すべき益虫(って知ってますか?)のみなさんがごくごく普通に畑に生息しています。

                  緑や黄色が多い春の畑にこの艶やかな赤い色はとってもチャーミングだと思うのです。



                  ヒカルよつばのクローバー

                  | ライターhikaruのひとりごと。 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  じゃがいもを植えました。
                  0
                    じゃがいも

                    せっかちなmy畑のオーナーHaradaのおじちゃんに、「はよぅ、イモば植えんかいぃ!!」といわれ続けて2週間(笑)。
                    お天気のいい休みの日が重なったので、やっとこさ早くからタネイモを買って芽だしの準備をしていた「シンシア」と「スーパーこがね」を1キロずつ植えました。

                    畑のスペースを見ながらまたさらに追加して植えようと計画してシンシアとこがねを少なめに購入していましたが、買い足しに行くとすでに売り切れ!やっぱり!!人気あるんだなあ。
                    ということで一番在庫がありそうなナフコに行って、[メークイン]としか品種が記入されていないタネイモをさらに4キロ追加購入。
                    今、ベランダで芽だしの最中ではありますが、どう考えても多く買いすぎたような気がしないでもありません。。。。(笑)。

                    まあ、今年は売り先もあるし、大丈夫だよね♪という前に植えるスペースそのものの問題が・・・

                    せっかちなHaradaのおじちゃんが、新しく貸してくれた30m近い1畝は、相変わらずせっかちなおじちゃんの提案で、冬の野菜はさっさと引き抜いて耕運機で一気に鋤き込んでくれたので、そっちの畝を作り直して植えるしかないよなあ。

                    お天気と休みの日とタイミングの相談で、畑仕事も結構頭を使います。


                    ヒカルよつばのクローバー
                    | ライターhikaruのひとりごと。 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    今年のつくし
                    0
                      かわいいぞ


                      いつもはやっかいな雑草の部類に分類されるスギナ(という草を知っていますか?)ですが、ポカポカと暖かい季節になると畑のいたるところでピョコンピョコンと顔を出している「つくし」の坊やに目がハートラブ
                      スギナは春になるとつくしになるのです。

                      別につくしを食べるのが大好き!!ってわけでもないのに、せっせとつくしを摘んでは、春の気分を満喫するのが一種春の風物詩的で、その行為が私をウキウキとさせるんだと思います。

                      つくし

                      でも、まあそうはいってもわざわざ土手にいってつくし採りをするほど好きなわけでも売って稼ごうなんてわけでもないわけで、ただ単に自分たちの畑に感じる春の気配に酔いしれているような気がしないでもありません。

                      今年は2回畑でつくしをとって卵とじにして食べました。
                      私達の中ではこうやって畑の旬をほんの少量、味わって感じるのが一種の贅沢行為で、ふだんの食事や普段の畑仕事をあたりまえにしているからこそ感じられるご褒美のような感覚のような気がします。
                      レジャーとしてつくし採りを楽しむのではなく、日常の延長線上にレジャーが潜んでいることそのものに気付ける年齢になったことが、すごく充実した贅沢な毎日なのだなあと色々なことに感謝の念を抱いてしまう今日この頃なのです。
                      大人になるって素晴らしい♪


                      ヒカルよつばのクローバー

                      | ライターhikaruのひとりごと。 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |